ソフトバンク回線のおすすめの格安simはこれ!特長別に比較

管理人
管理人

同じソフトバンク回線の格安SIMでも、どの会社や料金プラン、通信速度、容量のモノを選ぶかによって、満足度は大きく変わります。

料金が安くてもネットが遅かったり、ネットが速くても容量が少なくては快適にスマホを使うことはできません。

つまり満足のいくスマホを選ぶには、「料金」「通信速度」「容量」の3つの条件をバランス良く見ることが重要ということです。

そこで総合比較でおすすめのモノと、「料金」「通信速度」「容量」のそれぞれの条件でおすすめのモノを表にまとめました。

比較項目 サービス名
総合的に一番オススメ総合比較で一番オススメ
スターモバイル

大手キャリア並の速度で月間20GB。24時間かけ放題。シンプルな料金プラン。

「安さ」で選ぶ「安さ」で選ぶ
b-mobile

使った分に応じた月額料金で、効率よく使える。通話オプションも充実。

「速度」で選ぶ「速度」で選ぶ
スターモバイル

大手キャリア並の速度で月間20GB。24時間かけ放題。シンプルな料金プラン。

「容量」で選ぶ「容量」で選ぶ
Chat WiFi-SIM

通話なしでデータ通信のみ。月額3,380円~。

安さ、速度、容量を総合的に評価するとスターモバイルがおすすめです。

スターモバイルは「大容量の通信容量を定額で24時間話し放題付きで使える格安SIM」です。

大手キャリアに劣らないプラン内容でありながら、月額料金は大手キャリアよりも安いため、徐々に関心が高まっている格安SIMです。

本記事では、格安simを選ぶ3つの基準にしたがって比較し、ソフトバンク回線のおすすめの格安SIMをご紹介していきます。

ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ3つの基準

格安SIMを選ぶ上で基準となる3つのポイントは以下の通りです。

  1. 安さ
  2. 速度
  3. データ容量

格安SIMを選ぶ上でどれも重要な基準ですが、それぞれの基準による選び方について、1つずつ確認していきましょう。

とにかく安い回線を選ぶ

格安SIMの料金相場は以下の通りです。

容量 音声SIM データSIM
1GB 1,100~1,400円 400~1,000円
3GB 1,400~2,000円 900~1,200円
5GB 1,800~2,200円 1,200~1,500円
10GB 2,800~3,500円 2,100~2,800円

安さを追求するならば、上記の価格帯で判断することをおすすめします。

速度で選ぶ

一般的にストレスなく通信できる速度は10~30Mbpsとされています。

各使用用途に必要な速度は以下の通りです。

用途 下り速度(受信)
メール、LINE 128kbps~1Mbps
Webサイト閲覧 1~10Mbps
動画視聴 5~25Mbps
オンラインゲーム (スマホ) 5Mbps以上

実際に速度で選ぶ場合には、上記の速度は覚えておいて損はありません。

また速度で選ぶ場合には、各事業者が記載している「最大速度」はあまり参考にならないので注意してください。

最大速度はあくまでも一時的に記録されたもので、常時その数値を維持し続けることはできません。

なぜなら、周囲の環境に依存し常に変動するものだからです。

最大速度よりも、「みんなのネット回線速度」に掲載されているようなユーザーの計測した
「実効速度」を参考にするようにしましょう。

容量で選ぶ

一般的には、格安simにおいては20GB以上のデータ容量が大容量プランといわれています。

1GBで動画視聴できる時間に置き換えて考えると以下のようになります。

YouTube (720p 高画質) 1.5時間
YouTube (480p 中画質) 2時間
YouTube (360p 中画質) 3時間

外出先でWi-Fiがなくても、大容量プランであれば動画視聴はもちろん、オンラインゲームを楽しむこともできます。

月末近くの速度制限を気にしたくない方は大容量プランを重視した選択がおすすめです。

とにかく安いソフトバンク回線の格安SIM3つ

月額料金がとにかく安いソフトバンクの格安SIMは以下の3社です。

順位 1位 2位 3位
キャリア b-mobileb-mobile ラインモバイルLINEモバイル マイネオmineo
プラン名 データSIM LINEデータフリー データ通信のみ
データ容量 3GB 3GB 3GB
月額料金 850円 980円 990円
公式サイト b-mobile LINEモバイル mineo

冒頭でご紹介した料金相場の中でも、最安値のラインナップです。

事業者によっては1GB以下の少ないデータ容量を提供しているところもありますが、ここでは提供プランの多い3GBで比較します。

1位から順にご紹介していきます。

1位「b-mobile」

1位「b-mobile」

b-mobileは、SoftBank回線とdocomo回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

データSIMでは最大15GBまで、音声SIMでは最大20GBまで通信できます。

安さを追求した料金プランとなっています。

料金プラン 音声SIM データSIM SMS付きデータ通信SIM
回線 SoftBank / docomo SoftBank / docomo docomo
データ容量 3GB
月額料金 1,390円 850円 980円
契約 新規、MNP
特徴 利用データ量に応じて月額料金が変動 (1GBごとに+200円)。データ量使いすぎ防止機能。プリペイドSIMあり
支払い方法 クレジットカード

また、b-mobileには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・ソフトバンクのSIMはAndroidでは使用不可
・低速通信時は通信の最適化がある
・利用端末対応SIMでないと使えない
・契約期間縛り、契約解除料なし
・月額料金は使った分だけ発生
・とにかく安い

b-mobileの特徴やデメリットにもあるように、Android端末を利用の方には、b-mobileはおすすめはできません。

しかしb-mobileでは、使った分に応じて月額料金がかかるので、効率よく使うことができます。

通話のオプションも充実しているので、ソフトバンク回線でとにかく安く使いたい方にはb-mobileはおすすめです。

2位「LINEモバイル」

8位.ラインモバイル

LINEモバイルは、SoftBank回線、docomo回線、au回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

大きく分けて、3つの料金プランがあります。

料金プラン LINEデータフリー SNSデータフリー SMS音楽データフリー
回線 SoftBank
docomo
au
データ容量 3GB
月額料金 音声:1,480円
データ:980円
音声:1,760円
データ:1,260円
音声:1,960円
データ:1,460円
契約 新規、MNP
特徴 SoftBank回線の通信品質が安定。SNSのデータ消費ゼロ。大手キャリア3回線に対応。
支払い方法 クレジットカード、LINE Payカード

また、LINEモバイルには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・口座振替なし
・契約解除料がかかる
・上限を超えるとデータフリー対象以外の通信は速度制限がかかる
・契約期間縛りなし
・最大2ヶ月間無料
・速度制限中でもデータフリー対象サービスの通信速度は落ちない

LINEモバイルのデメリットにもあるように、LINE Payで支払い可能でも口座振替の支払い方式を希望する方には、LINEモバイルはおすすめはできません。

しかしLINEモバイルでは、契約期間縛りがなく、月額料金が最大2ヶ月間無料なので短期でもお得に使うことができます。

LINE Payで支払いSoftBank回線で快適に使いたい方にはLINEモバイルはおすすめです。

3位「mineo(マイネオ)」

5位.マイネオ

mineoは、SoftBank回線、docomo回線、au回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

3社の回線で音声プラン、データプランのそれぞれの料金プランがあり、最大30GBまで対応しています。

料金プラン 音声通話SIM データ通信SIM
回線 SoftBank
データ容量 3GB
月額料金 1,950円 990円
契約 新規、MNP 新規
特徴 ・「エココース」という割安プランあり
・回線によって月額料金が異なる
・毎月25日まででデータ容量の変更が無料でできる
支払い方法 クレジットカード

mineoは、3キャリアに対応していますが、それぞれの回線によって月額料金が異なるので注意しましょう。

また、mineoには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・回線が混み合いやすい
・端末代金が高い
・12ヶ月以内の解約で解除料がかかる
・3キャリアに対応
・余ったパケットをシェアできる
・料金プランが豊富

mineoの特徴やデメリットにもあるように、大容量で安く短期間で使いたい方や、通信速度を気にする方には、mineoはおすすめはできません。

しかしmineoでは安い料金プランに加えて、速度を抑える代わりに更に安く使える「エココース」という割安プランがあります。

割高なイメージのソフトバンク回線でも安く使えるので、通信速度よりも月額料金を重視する方にはmineoはおすすめです。

速度が速いソフトバンク回線の格安SIM3つ

通信速度が速いソフトバンクの格安SIMは以下の3社です。

順位 1位 2位 3位
キャリア スターモバイルスターモバイル ワイモバイルワイモバイル nuroモバイルnuroモバイル
プラン名 スターモバイルS スマホベーシックプランS データ専用
下り通信速度 33Mbps 12.8Mbps 3.6Mbps
データ容量 20GB 3GB 2GB
月額料金 4,860円 2,680円 980円
公式サイト スターモバイル ワイモバイル nuroモバイル

格安SIMの中では速度が速いと評判の3社です。

1位から順にご紹介していきます。

1位「スターモバイル」

1位「スターモバイル」

スターモバイルは、

1.SoftBank回線を利用したスターモバイルS
2.docomo回線を利用したスターモバイルD

という2つの料金プランと、Wi-Fiのみのプランの3つのサービスから成り立っている格安SIM会社です。

ここではソフトバンク回線のスターモバイルSとスターWi-Fiのサービスのみを一覧表にしました。

料金プラン スターモバイルS スターWi-Fi
回線 SoftBank SoftBank
データ容量 20GB/月 3GB/日
月額料金 4,860円
契約 新規のみ データ通信のみ
特徴 ・24時間通話し放題
・テザリング不可
・縛りなし
・月間日数×3GB
・テザリング不可
・1日3GBの縛り
支払い方法 クレジットカード、デビットカード

上記の特徴の他に、契約期間は36ヶ月で、契約期間内の解約は契約解除料として12,000円がかかります。

また、スターモバイルには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・36ヶ月の契約期間と解除料
・MNPできるプランに限りがある
・大容量のプランがある
・24時間通話し放題である
・プラン内容がシンプル
・大手キャリアと大差ない使用感
・節約しながら副業ができる

スターモバイルのデメリットにもあるように、短期での利用予定で月間のデータ容量が少ない方には、スターモバイルはおすすめはできません。

しかし、スターモバイルでは、約半分のプラン料金で大容量のデータ通信が可能となります。

動画視聴してもストレスを感じにくい速度が出るため、大手キャリアのように使っても遜色ないレベルで使うことができます。

さらにソフトバンク回線の中でもトップクラスの回線速度を誇るワイモバイルよりも、通信速度が速いという計測結果が出ているため、非常に魅力的です。

長期的に利用することを前提として、大容量で安くストレスなく使いたい方にはスターモバイルがおすすめです。

お申し込みは専用のURLからになるので、以下のページにて「ライン公式アカウント」の友だち追加をして下さい。

2位「ワイモバイル」

7位.ワイモバイル

ワイモバイルは、SoftBankのサブブランドの携帯会社です。

格安SIMで大手キャリアの一部の電波を借りているMVNOとは異なり、SoftBank回線をそのまま使うことができます。

スマホベーシックプランS、M、Rの3つの料金プランがあります。

料金プラン S M R
データ容量 3GB
データ増量:4GB
10GB
データ増量:13GB
14GB
データ増量:17GB
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
契約 新規、MNP
特徴 ・回線速度が速い
・全国に展開する豊富な店舗数
・ソフトバンク光とのセット割や学割がある
支払い方法 クレジットカード、口座振替

また、ワイモバイルには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・格安SIMと比較すると高額
・データ繰越不可
・セット端末のモデルが古い
・契約期間縛り、契約解除料なし
・10分以内の国内通話料無料
・契約から半年間700円割

ワイモバイルのデメリットにもあるように、安く効率よくデータ通信したい方には、ワイモバイルはおすすめはできません。

しかしワイモバイルでは、契約期間縛りと契約解除料がなく通信速度が速いので、契約期間を気にせず快適に使うことができます。

よく通話し、高品質の回線を使いたい方にはワイモバイルはおすすめです。

3位「nuroモバイル」

1位「b-mobile」

nuroモバイルは、SoftBank回線、docomo回線、au回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

音声プラン、データプランの2つの料金プランがあります。

料金プラン 音声通話付き (Sプラン) データ専用 (Sプラン)
回線 SoftBank
データ容量 2GB
月額料金 980円 1,680円
契約 新規、MNP
特徴 ・お試しプランあり
・初月無料のキャンペーンあり
・翌月分のデータから前借りできる
支払い方法 クレジットカード

nuroモバイルは、3キャリアに対応していますが、それぞれの回線によって月額料金が異なるので注意しましょう。

またnuroモバイルには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・12ヶ月以内の解約で残月×1,000円の解除調定金がかかる
・データ前借りした当月の解約はできない
・通信がやや不安定
・速度が速い
・データ繰越と前借りが可能
・お試しプランが最安300円でお試しができる

nuroモバイルのデメリットにもあるように、1年以内の短期利用を予定している方には、nuroモバイルはおすすめはできません。

しかしnuroモバイルでは、他社と比較しても通信速度が速いので、サクサク使うことができます。

初めて格安SIMを使う方にはお試しプランのあるnuroモバイルはおすすめです。

容量が多いソフトバンク回線の格安SIM3つ

月間の通信データ容量が多いソフトバンクの格安SIMは以下の3社です。

順位 1位 2位 3位
キャリア Chat WiFi-SIMChat WiFi-SIM FUJI SIMFUJI SIM Nomad SIMNomad SIM
プラン名 100GB SIMプラン 100ギガ BASIC
データ容量 100GB 100GB 100GB
月額料金 3,380円 3,900円 3,600円
公式サイト Chat WiFi-SIM FUJI SIM Nomad SIM

格安SIMでは珍しい三大キャリアにも劣らない大容量のプランです。

1位から順にご紹介していきます。

1位「Chat WiFi-SIM」

1位「Chat WiFi-SIM」

Chat WiFi-SIMは、SoftBank回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

データプランのみの料金プランがあります。

料金プラン データSIM
データ容量 100GB
月額料金 3,380円
契約 新規、MNP
特徴 ・3日で10GBなどの制限なし
・メイン回線を使用
・最短即日発送
支払い方法 クレジットカード

また、Chat WiFi-SIMには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・海外では使えない
・通話プランがない
・手数料が高い
・契約期間縛り、契約解除料なし
・大容量なのに安い
・比較的速度が速い

Chat WiFi-SIMのデメリットにもあるように、通話プランでの契約を検討している方には、Chat WiFi-SIMはおすすめはできません。

しかしChat WiFi-SIMでは、データ通信においては大容量で安く使うことができます。

通話せずデータプランで契約を検討している方にはChat WiFi-SIMはおすすめです。

2位「FUJI SIM」

2位「FUJI SIM」

FUJI SIMは、SoftBank回線、docomo回線、au回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

データプランのみの料金プランがあります。

料金プラン データSIM
回線 SoftBank
データ容量 100GB
月額料金 3,900円
契約 新規、MNP
特徴 ・法人契約あり
・3キャリアに対応
・割引サービスあり
支払い方法 クレジットカード

またFUJI SIMには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・音声プランがない
・手数料が高い
・解約締め切り日があり間に合わないと違約金が発生する
・デポジット割引で毎月500円割引
・料金プランが豊富
・SIMカードの相性保証サービスあり

FUJI SIMのデメリットにもあるように、通話プランでの契約を検討している方には、FUJI SIMはおすすめはできません。

しかしFUJI SIMでは、始めに5,000円のデポジット料金を預けると毎月500円の割引を適用できるため、コスパよく使うことができます。

この5,000円は12ヶ月後に返金されます。

海外でも利用できるので、海外でも大容量のデータ通信をコスパよく使いたい方にはFUJI SIMはおすすめです。

3位「Nomad SIM」

3位「Nomad SIM」

Nomad SIMは、SoftBank回線を利用した料金プランを提供する格安SIM会社です。

データSIMのみの料金プランがあります。

料金プラン データSIM
データ容量 100GB
月額料金 3,600円
契約 新規、MNP
特徴 ・通信速度制限なし
・任意のサイズのSIMにカットして使える
・1ヶ月からの短期利用可能
支払い方法 クレジットカード、デビットカード

また、Nomad SIMには以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット メリット
・音声プランがない
・手数料が高い
・テザリングできない
・契約期間縛り、契約解除料なし
・料金プラン内容がシンプル
・SMS受信が可能

Nomad SIMのデメリットにもあるように、通話プランでの契約を検討している方には、Nomad SIMはおすすめはできません。

しかしNomad SIMでは契約期間縛りと契約解除料がないので、契約期間を気にせず使うことができます。

また最短1ヶ月の短期利用ができるので、通話せず大容量のプランを短期間で利用したい方にはNomad SIMはおすすめです。

「料金」「速度」「容量」を総合的に評価するとスターモバイルがおすすめ

1位「スターモバイル」

本記事では、格安SIMを選ぶ3つの基準にしたがい、特長別に比較してソフトバンク回線のおすすめの格安SIMをご紹介してきました。

「料金」「速度」「容量」の他に、使い勝手なども考慮して総合的に判断すると、スターモバイルがおすすめです。

キャリア スターモバイル b-mobile Chat WiFi-SIM
プラン名 スターモバイルS データSIM 100GB SIMプラン
下り通信速度 33Mbps 1.16Mbps 1.87Mbps
データ容量 20GB 3GB 100GB
月額料金 4,860円 850円 3,380円

参照元:速度計測みんなのネット回線速度

スターモバイルは大容量プランを扱う他社よりもコスパに優れ、シンプルなプランと通話オプションで構成されています。

月額料金も一律4,860円となっており、契約内容が把握しやすくなっています。

料金プラン スターモバイルS スターWi-Fi
回線 SoftBank
データ容量 20GB/月 3GB/日
月額料金 4,860円
契約 新規のみ データ通信のみ
特徴 ・24時間通話し放題
・テザリング不可
・縛りなし
・月間日数×3GB
・テザリング不可
・1日3GBの縛り
支払い方法 クレジットカード、デビットカード

スターモバイルのデメリットとメリットは以下の通りです。

デメリット メリット
・36ヶ月の契約期間と解除料
・MNPできるプランに限りがある
・大容量のプランがある
・24時間通話し放題である
・プラン内容がシンプル
・大手キャリアと大差ない使用感
・節約しながら副業ができる

スターモバイルは、「料金」「速度」「容量」の3つの基準を満たす格安SIMとなっています。

贅沢に外でも動画やオンラインゲームを楽しみたい方はもちろん、使い方がまだはっきりと決まっていない方にもおすすめです。

申し込みにはライン公式アカウントにて専用のURLが必要です。

まとめ

ソフトバンク回線の格安SIMの選択基準別のおすすめについてご紹介していきました。

月額料金が安い格安SIMは

  1. b-mobile
  2. LINEモバイル
  3. mineo

通信速度が速い格安SIMは

  1. スターモバイル
  2. ワイモバイル
  3. nuroモバイル

月間の通信データ容量が多い格安SIMは

  1. Chat WiFi-SIM
  2. FUJI SIM
  3. Nomad SIM

以上のことから、スターモバイルは、大手キャリアさながらの大容量プランを、他社よりも低価格で利用することができることが分かります。

月々の通信費を節約することができる格安simなので、とにかく「安く大容量の通信をしたい方」にはおすすめできるサービスです。

本記事を参考に、スターモバイルの契約を検討してみてください。

-大手キャリア

© 2021 格安sim比較の達人